お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

キャッシュレス決済における紙の領収書の保存について

2020年10月に電子帳簿保存法の改正が行われました。

電子帳簿保存法の概要と2020年10月の改正内容については、以下の記事で解説しています。

今回はキャッシュレス決済における領収書の取り扱いについて解説します。

キャッシュレス決済

近年、キャッシュレス決済の導入や利用が急速に拡大しています。

代表的なキャッシュレス決済方法は以下のものが存在します。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • モバイルウォレット(QRコード決済など)

Suicaなどの交通系ICカードやPayPayやLINE PayといったQRコード決済など、ここ数年で様々な決済方法が登場しています。

政府も、マイナポイントの導入など、積極的にキャッシュレス決済の利用拡大を推進しています。

キャッシュレス決済に関する2020年の改正

2020年10月に行われた税制改正では、キャッシュレス決済を利用した経費の支払いの際、紙の領収書の保存は必要なくなり、電子データで直接経費精算が可能となりました

従来は、キャッシュレス決済の場合でも紙の領収書を受領し、スマートフォンなどで撮影してデータを取り込み、タイムスタンプを押した後に経費精算を行わなければなりませんでした。

しかし、先の改正により、紙の領収書の処理が必要なくなり、支払い後は、受け取ったデジタル明細で直接経費精算が可能となりました。

紙の処理に係る手間がなくなり、経費精算がスムーズに行えるようになりました。

これまで紙の領収書を電子データにして保存する際には、領収から3日以内に写真撮影などのデジタル化のための作業を行う必要がありました。3日を過ぎてしまうと電子データ化することができませんでした。

また、経理部門でも電子化された領収書の日付や金額、手入力した日付の確認といった煩雑な作業が発生していました。

キャッシュレス決済を行うことで、これらの作業を省くことが可能となるため大きく作業の効率化を図ることができます。

ただし、紙ではなく電子データで保存を行う場合には、電子帳簿保存法に則り、システム導入のために管轄の税務署長の事前承認が必要となりますのでご注意ください。

まとめ

  • キャッシュレス決済では紙の領収書の保存が不要になった
  • 電子データで保存するにはいくつかの条件を満たす必要がある
  • 活用することで経費処理の効率化を図れる
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

販売奨励金の処理における注意点について

販売奨励金とは 販売奨励金とは、自社の商品をより販売してもらうために、販売業者に対して支払うお金のことです。 リベートやインセンティブと呼ばれることもあります。 販売奨励金と消費税 販売奨励金についての消費税の取り扱いに […]

株取引に関わる税金の基本

株取引の税金 株取引を行った際には、発生した譲渡益(売却益)と配当金のそれぞれに税金が発生します。 譲渡益(売却益)も配当金もどちらも20.315%の税率です。 この20.315%ですが、15.315%が所得税(0.31 […]

すべてみる