お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

扶養控除の概要と対象となる条件について

扶養控除とは

扶養控除とは、扶養控除対象となる親族がいる場合に、一定額の控除を受けることのできる制度です。

他の控除と同様に、所得税や住民税の支払額を抑えることが可能です。

扶養控除の概要

扶養控除の対象となる家族は以下のように定められています。

  • 16歳以上である
  • 6親等内の血族及び3親等内の姻族
  • 同一生計
  • 合計所得金額48万円以下

16歳以上である

平成22年から15歳以下の子供を扶養している保護者に一定額が支給される「子ども手当(児童手当)」が始まりました。

そのため、16歳未満の年少扶養家族は扶養控除の対象から外されています。

6親等内の血族及び3親等内の姻族

扶養の対象となるのは、6親等内の血族及び3親等内の姻族です。特に自分の家族の場合は6親等とかなり広い範囲をカバーしています。

規定の親等の中であれば、親や祖父母といった上の世代も扶養控除の対象となります。

同一生計

扶養控除の対象となるためには同一生計である必要があります。

同一生計とは、「生計を一にする」という意味です。同居して生活費を共有している場合だけでなく、単身赴任の場合などでも同一生計に当たるケースがあります。「生計を一にする」の意味について詳しくは以下の記事でご確認ください。

合計所得金額48万円以下

扶養控除の対象となる親族の条件として、その親族の合計所得金額が48万円以下である必要があります。

例えばパートやアルバイトの場合、収入から給与所得控除額を差し引いた額が48万円以下の場合、扶養控除の対象となります。給与所得控除額は55万円ですので、パートやアルバイトでの年収が103万円以下であれば扶養控除の対象となります。

また、年金を受け取っている場合には公的年金控除額も影響してきます。公的年金控除額は、65歳以上で年間110万円、65歳以下で年間60万円です。

年金を受け取っている家族がいる場合には、対象となるかの計算の際に注意が必要です。

扶養控除額

扶養控除額は家族の年齢によって金額が異なります。

一般扶養親族16歳以上18歳以下38万円
特定扶養親族19歳以上22歳以下63万円
成年扶養親族23歳以上69歳以下38万円
同居以外の老人扶養親族70歳以上48万円
同居の老人扶養親族70歳以上58万円

扶養控除の申請方法

扶養控除の適用を受けるには、サラリーマンの場合は年末調整、個人事業主などの場合には確定申告の際に申請を行いましょう。

まとめ

  • 扶養控除とは、扶養控除対象となる親族がいる場合に、一定額の控除を受けることのできる制度
  • 対象となる家族には4つの条件がある
  • 対象となる家族の年齢によって控除額が異なる
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

合資会社のメリットとデメリットについて

合資会社とは 合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員の両方で構成されている会社のことです。 最小1人から設立することのできる、株式会社などと違い、合資会社は最小2人から設立が可能です。 合資会社は、(資)と表記されます […]

株式会社を設立するための流れと必要な費用について

今回は、株式会社を設立するための大まかな流れと設立に必要な費用についてご紹介していきます。 会社設立の流れ 株式会社を設立するには、以下の流れになります。 会社概要を決める 定款の作成・認証 資本金を支払う 登記申請書類 […]

すべてみる