お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

サラリーマンが手取り収入を増やすためにできること

転職や昇進などの働く環境の変化により、年収が増えたり減ったりされるサラリーマンの方は少なくないのではないでしょうか。

年収が変化すると、「思っていたよりも実際に貰える金額が少なかった」と感じることもあるかもしれません。

今回はサラリーマンの方が手取り金額を増やすためにできることについてご紹介します。

年収とは

そもそも年収とは、給与明細の「総支給額」に記載されている金額の1年分を合計した金額のことを指します。

「年収」は、その金額すべてを受け取れるわけではありません。ここから税金や社会保険料が差し引かれたあとで残った金額が実際に受け取れる金額、手取り給与の額となります。

ですので、手取り金額を増やすためには給与から差し引かれてしまう金額を少なく抑えることが大切になります。

節税をするためには

給与から差し引かれる金額を減らす、すなわち節税を行うためには所得控除の活用が必須です。

控除を活用することで、所得税や住民税を計算する際に用いられる「課税所得」の金額を減らすことができ、これが節税へと繋がります。

給与などの収入から給与所得控除を差し引いた金額が給与所得です。給与所得控除の金額は、給与などの収入の金額に応じて段階的に定められています。

所得控除は現在15種類用意されており、条件に当てはまる場合に控除の適用を受けられます。

控除の内容については上記のリンク先の記事にてご確認ください。

サラリーマンの場合には、医療費控除扶養控除住宅ローン控除などが活用できる代表的な控除に当たります。

また、サラリーマンの場合はiDeCoを活用することで節税が可能です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、積み立てた金額が小規模企業共済等掛金控除として全額所得控除の対象となります。原則60歳まで途中の引き出しや脱退ができない点など注意は必要ですが、活用することで大きな節税効果を得られます。

さらに、NISAつみたてNISAを活用すると株式や投資信託などで金融商品から得られた利益に対する課税が非課税になります。損失が出てしまう可能性もありますが、使い方次第ではNISAやつみたてNISAも手取り金額を増やす方策の一つとなるでしょう。

まとめ

  • 年収はすべてを受け取れるわけではない
  • 手取り金額を増やすには給与所得から差し引かれる金額を減らす
  • 所得控除やiDeCo、NISAなどの制度を活用する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる