お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

配偶者特別控除とは?配偶者控除との違いを知っておきましょう

配偶者特別控除とは

配偶者特別控除とは、配偶者の所得が配偶者控除の適用条件を超えた場合に、税負担が急増することを避けるための緩和措置として作られた制度です。

配偶者控除では、配偶者の年間所得金額が38万円以下(令和2年以降は48万円以下)になっている必要がありました。配偶者特別控除では、38万円(令和2年以降は48万円)を超えた場合でも、123万円(令和2年以降は133万円)までは段階的に所得控除を受けることができます。

配偶者特別控除の適用条件

配偶者特別控除の適用条件は、配偶者控除の適用条件と同じである部分も多いです。

  1. 配偶者がいること
  2. 配偶者と生計を一にしていること
  3. 配偶者が、青色申告者の事業専従者として給与の支払いを受けていない、または、白色申告者の事業専従者ではないこと
  4. 本人の合計所得金額が1,000万円以下であること
  5. 配偶者の年間所得金額が38万円超123万円以下(令和2年以降は48万円超133万円以下)であること

1〜4は、配偶者控除の条件と重なりますので、『配偶者控除を受けるために5つの条件を押さえておきましょう』の記事にて、詳しくご確認ください。

今回は、配偶者の年間所得と控除金額の関係性についてご紹介していきます。

配偶者特別控除の控除額

配偶者特別控除の控除額は、配偶者の合計所得金額と、控除を受ける本人の合計所得金額によって変わってきます。

配偶者の合計所得金額に関しては、38万円超から123万円以下までの9段階、控除を受ける本人の合計所得金額に関しては、「900万円以下」「900万円超950万円以下」「950万円超1,000万円以下」の3つの段階が設けられています。

それぞれの場合において、いくら控除されるのか表で確認していきましょう。

表の横軸が、配偶者の合計所得額、縦軸が控除を受ける本人の合計所得です。それぞれが交わっているところの金額が、配偶者特別控除の控除額となっています。

(令和1年まで)900万円以下900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下
38万円超 85万円以下38万円26万円13万円
85万円超 90万円以下36万円24万円12万円
90万円超 95万円以下31万円21万円11万円
95万円超 100万円以下26万円18万円9万円
100万円超 105万円以下21万円14万円7万円
105万円超 110万円以下16万円11万円6万円
110万円超 115万円以下11万円8万円4万円
115万円超 120万円以下6万円4万円2万円
120万円超 123万円以下3万円2万円1万円

令和2年以降は、以下のようになります。

(令和2年以降)900万円以下900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下
48万円超 95万円以下38万円26万円13万円
95万円超 100万円以下36万円24万円12万円
100万円超 105万円以下31万円21万円11万円
105万円超 110万円以下26万円18万円9万円
110万円超 115万円以下21万円14万円7万円
115万円超 120万円以下16万円11万円6万円
120万円超 125万円以下11万円8万円4万円
125万円超 130万円以下6万円4万円2万円
130万円超 123万円以下3万円2万円1万円

上記の表でご確認いただけるように、配偶者特別控除は、最大で38万円の控除を受けられる制度となっています。配偶者の収入が増えるにつれて、控除額は少なくなっていきます。

配偶者特別控除の手続き方法

配偶者特別控除の手続き方法は、配偶者控除と変わらず、年末調整か確定申告の際に行うことができます。

年末調整に間に合わなかった場合も、配偶者控除と同じく、翌年1月末日まで可能な年末再調整処理を行うか、3月15日までの確定申告で手続きを行う形となっています。

まとめ

  • 配偶者の年間所得が38万円を超えてしまっても、配偶者特別控除が受けられる
  • 控除される金額は、配偶者と本人の合計所得金額によって変化する
  • 手続きは、年末調整か確定申告の際に行う
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

会計の基礎!発生主義・現金主義・実現主義について

会計において、費用と収益を正しく認識するために発生主義・現金主義・実現主義という3つの概念があります。 法人においても、個人においても、正しく会計処理を行うためにはこれら3つの概念をきちんと理解しておく必要があります。 […]

個人事業主の勘定科目、「事業主貸」と「事業主借」について

令和2年度の確定申告の受付が始まり、多くの方が提出書類の準備などに取り掛かっているのではないかと思います。 確定申告を行う方のうち、大きい割合を占めるのが個人事業主です。 今回は、個人事業主の方がクラウド会計ソフトなどを […]

すべてみる