お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

クラウド会計ソフトとは?使用するメリットとデメリットは?

クラウド会計ソフトとは

クラウド会計ソフトとは、従来の会計ソフトのようにソフトを購入してパソコンにインストールして使用するものではなく、インターネット経由でオンラインで利用できる会計ソフトのことを指します。

ソフトをインストールせずにインターネット経由でサービスを使用したい時に使用できるものは「クラウド」と呼ばれます。Gmaliなどをイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません。

クラウド会計のメリットは

クラウド会計を使用することのメリットはなんなのでしょうか。今回は代表的なものをいくつか紹介します。

銀行口座やカード明細を自動で連携できる

クラウド会計ソフトでは銀行口座やクレジットカードを連携することができ口座やカードの使用状況に基づいて取引明細を自動で仕分けしてくれます。

一つ一つ手作業で仕分けする必要がないので効率化を図ることができます。

どの端末からでも利用できる

クラウド会計ソフトはインターネットにつながるデバイスであれば基本的にいつでもどこでも利用することができます。オフィスや自宅のパソコンの前だけでなく、出先でスマホなどからでも利用が可能です。

場所や時間に縛られないのでスムーズに経理処理をすることができます。

常に最新版のソフトを使用できる

オンラインで利用するソフトですので常に最新版のバージョンを利用することができます。従来の会計ソフトのように新しいバージョンが出るごとにアップデートの対応をする必要がありません。

また消費税率の変更や法改正などにも自動で対応してくれるので、その点に関しても大変便利です。

確定申告書類や決算書などを自動で作成できる

日々の入力状況に基づいて、個人の場合は確定申告などの申告書類を、法人の場合は貸借対照表・損益計算書などの決算書類を自動で作成することができます

スムーズに書類を作ることができるので決算期の作業を大幅に減らすことが可能です。

バックアップをとってくれるので安心できる

クラウド会計ソフトでは入力したデータはクラウドサーバーの方で管理されます。ですのでわざわざバックアップを取る必要がありません

従来の会計ソフトのように万が一の時のためにUSBメモリなどを使用してバックアップを取るという作業から解放されます。

クラウド会計使用のデメリットは

クラウド会計ソフトを使用することのメリットを述べてきましたが、デメリットが全くないわけではありません。

毎月のランニングコストがかかることや機能を使いこなすために慣れが必要なことなどデメリットも存在します。

ですが、多くの方にとってはデメリットを補填して有り余るほどのメリットがあるのではないでしょうか。

まとめ

  • クラウド会計ソフトはオンラインで利用できる会計ソフト
  • 経理処理の負担を減らせる多くのメリットがある
  • デメリットが全くないわけではない
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる