お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

法人口座の開設に必要な書類と銀行の種類によるメリット・デメリットについて

法人として事業を始める場合、個人名義の口座で取引を行なっても、法律上問題はありません。

しかし、お金の管理の手間を考えると法人口座を用意した方が都合が良い場合が多いです。実際、多くの法人が法人口座を用意して取引をしています。

今回は、法人口座の開設についての情報をお伝えしていきます。

法人口座の開設手続き

法人口座を開設するには、必要な書類を銀行に提出し、審査を受ける必要があります。審査を通過すると、口座を開設することができます。

一般的に法人口座の開設に必要な書類は以下のものです。

  • 会社の商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  • 会社の定款
  • 会社印
  • 会社の印鑑証明書
  • 代表者の印鑑証明書
  • 代表者の実印
  • 代表者の身分証明書
  • そのほか、会社の運営実態がわかる資料

銀行によって必要書類が異なる場合もありますが、一般的にはこれらの書類を提出し、銀行からの審査を受けます。

書類をすべて提出すれば審査に通るわけではありません。場合によっては、審査を通過しないこともありえます。

例えば、資本金の額が小さい新規の法人で、公式サイトなどが整っていない状態で審査を受けた場合には、事業の実態がわからず審査に通らない可能性が高いです。

法人口座の種類

法人口座は、都市銀行、地方銀行、信用金庫、ネット銀行、ゆうちょ銀行で開設することができます。

都市銀行は、メガバンクとも呼ばれる大手の銀行です。そのため、都市銀行で法人口座を開設しているということが、信用力につながります。全国に支店があったり、海外への振込にも対応していることなどがメリットとして挙げられます。
一方、法人口座の開設審査が厳しい傾向にあります。口座維持の手数料が比較的高額である点も、デメリットと考えられるでしょう。

地方銀行は、各地方にある銀行で、特定の地域では信用力を持っています。都市銀行よりも身近な存在であり、親身に相談に乗ってもらえることもあるでしょう。
ただし、別の地方に行った際に、街頭の地方銀行の取り扱いがない場合があります。

信用金庫は、都市銀行に比べて、法人口座が開設しやすいと言われています。事業の伸び代や社長の人柄なども考慮して、融資を行ってくれる点も信用金庫の魅力と言えるでしょう。
一方、他の金融機関に比べると金利が高い点がデメリットと言えます。

ネット銀行は、24時間365日いつでもインターネット上で振込や取引が可能です。口座維持手数料がかからず、振込手数料が安価な点もメリットと言えるでしょう。
しかし、窓口でのお金に関する相談ができない点は、デメリットと言えるかもしれません。

ゆうちょ銀行は、口座維持手数料が無料であり、全国に支店があります。ゆうちょ同士の振込であればATMでも手数料が無料であり、利用しやすいです。
ただし、1300万円以上の預け入れができないため、法人の規模によっては、メインの口座として使うには向いていないかもしれません。

まとめ

  • 法人口座を開設するには、書類を揃え、審査を受ける必要がある
  • 法人口座の審査には、通らないケースもある
  • 銀行の種類によって、メリット・デメリットが存在する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

雇用保険の概要と加入条件について

雇用保険とは 雇用保険とは、雇用に関するさまざまな支援を行う保険制度です。給付を行い労働者の生活を安定させたり、雇用機会を増やしたり、労働者の能力開発や就職を促すことを目的としています。 雇用保険の種類 雇用保険は、求職 […]

労災保険の概要と加入条件について

労災保険とは 労災保険とは、労働者が業務中または通勤時の事故や病気によって、負傷または亡くなった時に、被災労働者や遺族を保護することを目的に一定の給付を行う保険のことをいいます。 労災保険の種類 労災保険には、療養給付、 […]

定款作成の流れと記載事項について

定款とは 定款とは、会社の組織・運営の根本規則のことです。法律に反しない内容で自由に定めることができます。会社のルールと言ってもいいでしょう。 法人を設立するにあたっては、定款が必要となります。 定款の記載内容 定款に記 […]

すべてみる