お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

合資会社のメリットとデメリットについて

合資会社とは

合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員の両方で構成されている会社のことです。

最小1人から設立することのできる、株式会社などと違い、合資会社は最小2人から設立が可能です。

合資会社は、(資)と表記されます。

有限責任社員と無限責任社員

合資会社の特徴は、有限責任社員無限責任社員がいることです。それぞれの定義を確認しましょう。

有限責任社員とは、会社の債権者に対して、出資額を上限に責任を持つ社員のことです。会社が倒産した際などに負債が発生しても、出資額以上の負債を負う必要がありません。

無限責任社員とは、債権者に連帯して負債を負う社員です。会社が倒産した際などには、負債がゼロになるまで返済しなければなりません。背負う負債に上限はなく、直接的に責任を負います。

合資会社のメリット・デメリット

合資会社には、メリットとデメリットが存在します。特にデメリットについては、他の法人の形態とは異なる特徴的なものが存在しています。それぞれ確認していきましょう。

メリット

合資会社のメリットとしてまず挙げられるのが、設立費用の安さです。

株式会社の場合、登録免許税、定款印紙、定款承認費用など合わせて25万円ほど必要です。
一方、合資会社の場合、登録免許税と定款印紙代のみの10万円で設立することができます。

また、設立手続きも、株式会社と比較すると簡単に済みます。少人数で会社を設立する際には、手軽にスピード感を持って設立できる点は、メリットと言えるでしょう。

さらに、合資会社は資本金を用意する必要がありません。現金による出資を義務付けられていないので、現物出資も可能です。

デメリット

デメリットとして真っ先に考えられることは、無限責任社員が会社のすべての責任を負うことです。
事業がうまくいった場合には良いのですが、失敗した場合には私財を全て失ってしまう可能性があります。

1人で会社を続けていくことができない点もデメリットの一つです。最低でも2人いなければ会社を設立できないため、常に2人以上の社員がいなければなりません。2人で会社を運営していて、1人が辞めることになった場合には、すぐに次の社員を探さなければなりません。

まとめ

  • 合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員の両方で構成されている会社
  • 設立には最低2人以上の社員が必要
  • 無限責任社員には、大きなリスクが存在する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

雇用保険の概要と加入条件について

雇用保険とは 雇用保険とは、雇用に関するさまざまな支援を行う保険制度です。給付を行い労働者の生活を安定させたり、雇用機会を増やしたり、労働者の能力開発や就職を促すことを目的としています。 雇用保険の種類 雇用保険は、求職 […]

労災保険の概要と加入条件について

労災保険とは 労災保険とは、労働者が業務中または通勤時の事故や病気によって、負傷または亡くなった時に、被災労働者や遺族を保護することを目的に一定の給付を行う保険のことをいいます。 労災保険の種類 労災保険には、療養給付、 […]

定款作成の流れと記載事項について

定款とは 定款とは、会社の組織・運営の根本規則のことです。法律に反しない内容で自由に定めることができます。会社のルールと言ってもいいでしょう。 法人を設立するにあたっては、定款が必要となります。 定款の記載内容 定款に記 […]

すべてみる