お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

日本版LLC、合同会社のメリットについて

合同会社とは

合同会社とは、アメリカのLLC(Limited Liability Company)をモデルにした会社形態です。2006年5月1日の会社法改正により導入されました。

アメリカでは非常に普及している形態であり、日本でも2019年に設立された法人の約1/4が合同会社となっています。大手企業が合同会社となっているケースもあり、年々日本でも浸透していっています。

参考:e-Stat 「登記統計 商業・法人 年次 2019年

合同会社のメリット

合同会社のメリットとしては、以下のものがあげられます。

  • 設立費用・運営費用が安い
  • 経営の自由度が高い
  • 有限責任である

設立費用・運営費用が安い

合同会社では、設立の際に以下のものを支払う必要があります。

  1. 定款用収入印紙代:40,000円
  2. 登録免許税:60,000円または資本金額×0.7%のうち高いほう

上記の金額を支払うことで、合同会社を設立することができます。

この設立費用ですが、株式会社の設立費用と比較すると非常に安くなっています

株式会社を設立する場合には、以下の金額を支払わなければなりません。

  1. 定款用収入印紙代:40,000円
  2. 定款の謄本手数料:約2,000円(250円 / 1ページ)
  3. 定款の認証料:50,000円
  4. 登録免許税:150,000円または資本金額×0.7%のうち高いほう

合同会社では、最低約10万円で会社を設立できますが、株式会社の場合には最低でも約25万円が必要となります。

また、合同会社の場合には、決算公告義務がないため官報掲載費の60,000円が不要であったり、役員任期が終了する度に発生する費用が不要であったりと、運用費用も抑えることができます。

経営の自由度が高い

合同会社では、出資比率に関係なく利益配分が可能です。そのため、会社に貢献した人に多く利益を配分するなどの柔軟性のある経営が可能となります。

株式会社の場合、出資比率に応じた利益配分となることと比較すると、合同会社では経営の自由度が高いと言えます。

有限責任である

合同会社は、株式会社と同様の間接有限責任です。そのため、会社に負債がある場合などでも、出資者は出資額以上の責任を負う必要がありません。

無限責任である合名会社や合資会社と異なり、リスクを抑えて会社に関わることが可能です。

まとめ

  • 合同会社はアメリカのLLCをモデルにした会社形態
  • 設立や運営費用が安いといったメリットがある
  • 有限責任であることも大きな特徴の一つ
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

合資会社のメリットとデメリットについて

合資会社とは 合資会社とは、有限責任社員と無限責任社員の両方で構成されている会社のことです。 最小1人から設立することのできる、株式会社などと違い、合資会社は最小2人から設立が可能です。 合資会社は、(資)と表記されます […]

株式会社を設立するための流れと必要な費用について

今回は、株式会社を設立するための大まかな流れと設立に必要な費用についてご紹介していきます。 会社設立の流れ 株式会社を設立するには、以下の流れになります。 会社概要を決める 定款の作成・認証 資本金を支払う 登記申請書類 […]

すべてみる