お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

税務調査の基本と実施の流れについて

税務調査とは

税務調査とは、納税者の申告内容が正確なものであるか確認する調査のことを言います。

法人や個人の事業者が、税法通りに正しく計算し、申告を行っているか確認が行われます。税法通りに申告していない部分が見つかった場合には、その部分を是正し、適切に申告するよう指導が入ります。

税務調査が入る確率は、法人で3.2%、個人で1.1%となっています。

税務調査の流れ

では、税務調査の流れを確認していきましょう。

1.税務署からの事前連絡(無い場合もある)

税務調査が行われる場合、基本的には税務調査を実施する10日から20日前に税務署から事前連絡が入ります

事前に連絡があった場合には、調査当日までに準備を行います。税務調査当日のやり取りは、結果に大きな影響を及ぼしますので、顧問税理士と相談し、しっかりと準備しておきましょう。

また、税務調査の事前連絡がない場合もあります。これは、事前に通知することで税務調査の目的が達成されないと判断された場合に行われます。脱税の可能性がある場合や現金での取引が多い場合などに、事前連絡が行われないことがあります。

2.税務調査

税務調査当日、税務調査官が会社にやってきます。

まずは、ヒアリングが行われ、その後用意した会計資料を元に調査が行われます。ヒアリングは会社の代表者が主に対応することになりますが、資料を元にする調査の段階では、顧問税理士にお願いできるでしょう。

3.質問対応と争点交渉

会計資料を元にした調査の後、税務調査官から質問が出たり、追加で資料の提出を求められることがあります。

また、税理士が中心となり、争点交渉が行われます。調査官の指摘を受けた場合、重加算税に代表される高いペナルティが発生しますので、ここでの対応は重要です。

4.修正申告・納付

税務調査によって決定した内容に従って、修正申告を行い納付します。

以上で、税務調査は完了です。

税務調査で重いペナルティを負わないために

税務調査で重いペナルティを負わないために、まずは日頃の税務処理をきちんと行うように心がけましょう。しっかりと処理を行っておくことで、税務調査に入られた際にも、慌てずに対処することができます。

また、税務調査の事前通知の後、税理士と打ち合わせを行い、課題が見つかった場合には、自主申告を行うことで重加算税のようなペナルティを回避できます。

まとめ

  • 税務調査とは、納税者の申告内容が正確なものであるか確認する調査
  • 事前通知がある場合とない場合がある
  • 税理士と相談し、きちんと準備を行うことが重要
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる