お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

社会保険料控除の基本と注意点について

社会保険料控除とは

社会保険料控除とは、健康保険や国民年金などの自分自身または配偶者やその他親族が負担すべき社会保険料を納めた際に受けられる所得控除のことです。

社会保険料控除の概要

社会保険料控除は、1年間に支払った社会保険料の全額を控除することができます。これにより所得税や住民税が安くなります。

社会保険料控除の対象となる社会保険料は以下のものです。

  • 国民健康保険料
  • 厚生年金保険料
  • 後期高齢者医療保険料
  • 介護保険料
  • 労働保険料
  • 国民年金基金の掛金
  • 厚生年金基金の掛金

これらの社会保険料を支払うと、その支払った全額が社会保険料控除として控除されます。

また、自分自身の社会保険料だけでなく、生計を同じくする配偶者やその他家族が負担すべき社会保険料を自分が支払った場合にも支払った金額に対する控除を受けることができます。

なお、控除されるのは1月1日から12月31日までに支払った社会保険料についてです。支払いを忘れてしまった場合などには、控除金額が減ってしまいますので注意しましょう。

社会保険料控除の申請方法

社会保険料控除は会社に勤めている場合と自営業で確定申告を行う場合とで申請方法が異なります。

会社に勤めている場合

会社に勤めている場合には、年末調整によって控除が行われます。

対象となるのは給与から差し引かれている健康保険や厚生年金などの社会保険料です。

給与からの天引き以外で支払っている社会保険料がある場合には、年末調整の際に提出する「給与所得者の保険料控除申告書」の中の「社会保険料控除」の項目に記入しましょう。

確定申告を行う場合

確定申告を行う場合には、確定申告書第一表、第二表の「社会保険料控除」欄に金額を記載しましょう。そのうえで、各種機関から発行された証明書を添付または提示します。

国民健康保険料の控除証明書にはその年の9月までに納めた金額しか記載されていませんので、10月以降に納めたものについては領収書もしくは日本年金機構に再度証明書を発行してもらうようにしましょう。

社会保険料控除の注意点

社会保険料控除において、配偶者や家族の社会保険料を支払い控除対象とできるのは生計を一にしている家族のみです。家族であっても生計が別々の場合には控除対象とならないため注意しましょう。

また先にも述べたように、対象となるのは1月1日から12月31日までの1年間に支払った社会保険料です。その期間に支払っていれば全額を控除することができますが、払い忘れがある場合には控除額が減ってしまいますので十分に注意してください。

まとめ

  • 社会保険料控除とは、健康保険や国民年金などの自分自身または配偶者やその他親族が負担すべき社会保険料を納めた際に受けられる所得控除
  • 1年間に支払った社会保険料全額が控除の対象となる
  • 年末調整または確定申告の際に申告する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

雇用保険の概要と加入条件について

雇用保険とは 雇用保険とは、雇用に関するさまざまな支援を行う保険制度です。給付を行い労働者の生活を安定させたり、雇用機会を増やしたり、労働者の能力開発や就職を促すことを目的としています。 雇用保険の種類 雇用保険は、求職 […]

労災保険の概要と加入条件について

労災保険とは 労災保険とは、労働者が業務中または通勤時の事故や病気によって、負傷または亡くなった時に、被災労働者や遺族を保護することを目的に一定の給付を行う保険のことをいいます。 労災保険の種類 労災保険には、療養給付、 […]

定款作成の流れと記載事項について

定款とは 定款とは、会社の組織・運営の根本規則のことです。法律に反しない内容で自由に定めることができます。会社のルールと言ってもいいでしょう。 法人を設立するにあたっては、定款が必要となります。 定款の記載内容 定款に記 […]

すべてみる