お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

流動負債と固定負債の違いについて

流動負債とは

流動負債とは、貸借対照表の負債の部に区分される項目の会社の負債のうち、1年以内に支払期限が到来する債務のことをいいます。

支払手形、買掛金、前受金、短期借入金などの短期負債引当金や正常な営業循環過程にあるものです。

固定負債とは

固定負債とは、貸借対照表の負債の部に区分される項目の会社の負債のうち、1年以内に支払期限が到来しない債務のことをいいます。

社債などの長期金銭債務や金融機関からの長期的な融資などが含まれます。

流動負債と固定負債の違い

流動負債と固定負債の違いは、下記の2つの基準で判断されます。

  1. 正常営業循環基準
  2. 1年基準

正常営業循環基準

商品を仕入れて販売し、その利益で商品を新たに仕入れて販売するという一般的なサイクルの中に含まれる負債は、すべて流動負債にあたります。

この区分の基準を正常営業循環基準といいます。

正常営業循環基準のサイクルに含まれない社債や預かり保証金などは、次に紹介する1年基準によって流動負債と固定負債の振り分けが行われます。

1年基準

正常営業循環基準に含まれない負債で決算翌日から起算して1年以内に入金または支払期限を迎える負債は、流動負債にあたります。一方、期限が1年を超える負債は固定負債となります。

この区分の基準を1年基準といい、別名「ワン・イヤー・ルール」とも呼ばれます。

流動負債と固定負債の区分は、まず正常営業循環基準で区分を行い、そこから外れたものを1年基準で区分を行います。

固定負債となった負債も、年数が経過することで支払期限が1年以内となった場合には、流動負債扱いとなります。

流動負債と固定負債を区分すると、会社の資金繰りが安定しているか否かを貸借対照表から判断することが可能となります。会社の利害関係者が資金繰りの状態を判断するためにも、この区分は重要です。

流動負債・固定負債の内訳

流動負債と固定負債には、主に以下のような項目が該当します。

流動負債

  • 支払手形
  • 買掛金
  • 短期借入金
  • 賞与引当金
  • 預り金
  • 仮受金など

流動負債に含まれるものは、どれも1年以内に早く返さなければいけない債務です。

固定負債

  • 社債
  • 長期借入金
  • 預かり保証金
  • 繰延税金負債など

固定負債は1年以上返済に時間がある、比較的余裕のある債務です。

まとめ

  • 流動負債は1年以内に支払期限の到来する債務
  • 固定負債は1年以内に支払期限の到来しない債務
  • 正常営業循環基準と1年基準で流動負債か固定負債か区分する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる