お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

養子縁組を活用した相続税節税の基本について

相続税を節税するための一つの方法として養子縁組の活用が上げられます。

養子縁組を活用しての節税では、数千万円の節税効果が見込めるケースもあります

今回は、養子縁組を活用した相続税の節税の基本についてご紹介します。

なぜ節税できるのか

なぜ養子縁組を行うことで相続税の節税ができるのでしょうか。

それは、相続税の基礎控除額を増やすことができるためです。

相続税の基礎控除額は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」で決定します。

養子縁組を行うと、相続税の計算上、養子は実子と同じ扱いを受けるため、法定相続人の数が増えます。そのため、相続税の基礎控除額が増え、節税につながるのです。

ただし、法定相続人にできる養子には上限があります。

実子がいる場合、法定相続人としての養子は一人までと定められています。実子がいない場合は、二人が法定相続人にできる養子の上限です。

養子縁組は誰とでもできますが、相続のケースでは孫や子の配偶者を養子とするケースが多いです。

養子縁組のメリット

相続税に関して、養子縁組を行うことでのメリットは以下のものがあげられます。

  1. 基礎控除額が増える
  2. 生命保険の非課税枠が増える
  3. 死亡退職金の非課税枠が増える
  4. 適用税率が低くなる

先に紹介したように、養子縁組を行うと法定相続人が増えるため基礎控除額が増加します。

生命保険についても、「500万円×法定相続人の数」が非課税枠とされているため、法定相続人が増えることで非課税枠が増加します。

生命保険同様、死亡退職金の非課税枠も「500万円×法定相続人の数」となっていますので、こちらも上記の理由で非課税枠が増加します。

4つ目の適用税率についてですが、相続税は相続財産を法定相続人が法定相続分にしたがって受け継ぐものとして計算します。そのため、法定相続人の数が増えれば各相続人が受け継ぐ財産が少なくなります。

相続税は累進課税となっており、法定相続人が増えた分、各法定相続人の法定相続分が減るため、適用される税額が下がり、税額全体も少なく済みます。

養子縁組による節税の注意点

養子縁組による節税を行う場合、誰を養子にするかは慎重に検討する必要があります。場合によっては、親族間のトラブルに発展するケースも少なくないため、節税のメリットだけでなく、家族の関係についてもしっかりと考慮することを忘れないように注意しましょう。

また、孫を養子にした場合、孫に対する相続税が2割増しとなります。こちらにも注意しましょう。

まとめ

  • 相続税の節税に養子縁組が活用できる
  • 養子を増やすことで法定相続人が増えるため節税につながる
  • 注意点にもしっかり留意する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる