お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

相続税の計算の基本

亡くなった方からの遺産を相続した場合、相続税が発生します。

ですが、相続した遺産のすべてに対して相続税が発生するわけではなく、一定の控除が定められています。

今回は相続税の計算方法について紹介していきます。

基礎控除額の計算方法

相続税の基礎控除額は以下のように求められます。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

基礎控除額は、3,000万円に法定相続人の数だけ600万円を乗じた額の合計となります。

例えば、法定相続人が3人の場合は、

3,000万円+600万円×3=4,800万円

となり、4,800万円が基礎控除額です。相続する遺産の額が、4,800万円以下であれば相続税は発生しません。

遺産に含めるもの、含めないもの

相続税を計算する際の遺産には、課税対象に含めるものと含めないものが存在します。

含めるもの

  • 遺産
  • 死亡保険金・死亡退職金
  • 3年以内に生前贈与された財産
  • 相続時精算課税を適用した生前贈与の財産

上記のものは、相続税を計算する際の課税対象となる遺産です。

生前贈与の財産も、故人が亡くなる3年以内に贈与されたものは課税対象となります。

また、死亡保険金・死亡退職金は「500万円×法定相続人の数」が非課税限度額となり、その金額を超えるまでは相続税はかかりません。

含めないもの

  • 借金などの債務
  • 告別式までの葬儀費用など
  • 死亡保険金・死亡退職金の非課税限度額
  • 非課税財産(墓地、仏壇など)
  • 国や地方公共団体などに寄付した財産

上記のものは、相続税を計算する際の課税対象からは外されます。

借金などの債務や告別式までの葬儀費用、国や地方公共団体などに寄付した財産は課税対象外となります。

相続税の計算

相続税は、以下の流れで計算します。

  1. 遺産額の確認
  2. 課税遺産総額の算出
  3. 相続税総額の計算
  4. 納税額の計算

例で確認していきましょう。

1億4,800万円の財産を、妻、長男、長女で相続するとします。
1億4,800万円の遺産は、相続遺産から含めるものと含めないものについて計算しています。

まず、課税遺産総額を算出します。今回は法定相続人が3人なので、

1億4,800万円−(3,000万円+600万円×3)=1億円

となります。

1億円の財産は、妻1/2、長男1/4、長女1/4の法定相続分で分割したとすると、妻5,000万円、長男2,500万円、長女2,500万円を相続することになります。

相続税の速算表によると、

課税価格税率控除額
1,000万円以下10%
3,000万円以下15%50万円
5,000万円以下20%200万円
1億円以下30%700万円
2億円以下40%1,700万円
3億円以下45%2,700万円
6億円以下50%4,200万円
6億円超55%7,200万円

妻:5,000万円×20%-200万円(控除額)=800万円
長男:2,500万円×15%-50万円(控除額)=325万円
長女:2,500万円×15%-50万円(控除額)=325万円

上記がそれぞれの相続税額となります。総額は、1,450万円です。

最後に、それぞれの納税額を計算します。

実際の相続割合が、妻60%、長男25%、長女15%だった場合、

妻:1,450万円×60%=870万円
長男:1,450万円×25%=362.5万円
長女:1,450万円×15%=217.5万円

上記がそれぞれが納付する相続税の額です。

ただし配偶者には、1億6,000万円または法定相続分以下の部分までは相続税が課税されないため、今回のケースでは妻の納付額は0円となります。

まとめ

  • 相続税の基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数
  • 遺産に含めるもの、含めないものがある
  • 計算が難しい場合には税理士に相談する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる