お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

平均課税制度の基本について

平均課税とは

平均課税とは、所得税における超過累進課税の差を調整するための制度です。

所得が変動したり、臨時所得が多くあった場合に、所得税の負担を軽くするために平均課税制度が用いられます。

所得税の超過累進課税率

所得税は、固定の税率または超過累進税率を乗じた額の合計から算出されます。

固定税率は、株の譲渡や利子所得などで得た所得に対して適用される税率です。

累進課税は、課税の金額をいくつかの段階に分けて変動させる、超過累進課税率が採用されており、課税所得の変動が激しい業種の場合には、複数年単位で見た場合に税負担が重くなる場合があります。

課税所得金額における税率と控除額は以下のようになります。

課税所得金額税率控除額
195 万円以下5%0 円
195 万円を超え 330 万円以下10%97,500 円
330 万円を超え 695 万円以下20%427,500 円
695 万円を超え 900 万円以下23%636,000 円
900 万円を超え 1,800 万円以下33%1,536,000 円
1,800 万円を超 4,000 万円以下40%2,796,000 円
4,000 万円超45%4,796,000 円

超過累進課税率を採用した場合の、税負担を軽くさせるために平均課税が用いられます。

平均課税の適用条件

平均課税を適用させるには、以下の条件に該当しなければなりません。

  • 所得が変動所得だけのとき、変動所得額がその年の総所得額の20%以上であること。
    ※過去2年間に変動所得がある場合、その平均額を超える場合にかぎります。
  • 所得が臨時所得だけのとき、臨時所得額がその年の総所得額の20%以上であること。
  • 変動所得と臨時所得の両方の所得があるとき、その年の変動所得額と臨時所得額の合計がその年の総所得金額の20%以上であること。
    ※その年の変動所得が、過去2年間の変動所得額の平均額以下であれば、その年の臨時所得額のみが総所得額の20%以上であること。

変動所得や臨時所得が総所得額の20%以上である場合に、平均課税制度を利用することができます。

条件を満たしていない場合、平均課税を適用することはできないため、所得の多いときには平均課税を利用し、少ない場合には超過累進課税率を適用させるといったことはできない仕組みになっています。

平均課税を適用させる場合、確定申告の際に変動所得・臨時所得の平均課税の計算書を併せて提出します。

まとめ

  • 平均課税は、所得税の超過累進課税率における差を埋めるための制度
  • 平均課税適用には条件がある
  • 変動所得・臨時所得の平均課税の計算書を申告の際に提出する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる