お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

相続登記の申請義務化について

2021年4月、所有者がわからない土地の問題を解消するための関連法案が参議院本会議で可決、成立しました。

これによりこれから3年以内に相続登記の申請義務化など、いくつかの法律が改正して施行されます。

今回は、それらのポイントについてお伝えします。

相続登記義務化

今回の法改正では、以下の3つが大きなポイントです。

  1. 相続登記の申請義務化
  2. 相続人申告登記(仮称)の創設
  3. 所有権の登記名義人の氏名または名称、住所の変更の登記の義務付け

日本では、720万ヘクタールの土地が所有者不明となっています。北海道本島が780万ヘクタールであることを踏まえると、かなりの面積になっていることがご理解いただけると思います。

所有者不明、未登記の土地が増えてしまうと、公共事業や再開発をすすめる際に、所有者を探す時間や費用、手続きにコストがかかります。

これらの問題を解消するために、今回の法改正が行われました。

相続登記の申請義務化

まず、相続登記の申請が義務化されます。

これは親などがなくなり、相続で土地や不動産の所有権を取得した場合、相続を知って、かつ、所有権を取得したと知った日から3年以内に移転の登記を申請しなければなりません

遺産分割で所有権を取得した場合、分割の日から3年以内の登記が義務付けられます

正当な理由がなくこれらの申請を怠った場合、10万円以下の過料が発生します。

相続登記の申請義務化は3年以内に施行される予定です。

相続人申告登記(仮称)の創設

また新たに相続人申告登記(仮称)が創設されます。

これは申請義務のある人が、相続の開始や自分が相続人であることを申し出れば、義務を履行したとして認められるものです。

遺産分割協議が終わっていないものの、先に申請しておきたいケースなどで相続人申告登記(仮称)を活用できます。

正当な理由がなく申請を怠った場合、5万円以下の過料が発生します。

相続人申告登記(仮称)の創設は3年以内に施行される予定です。

所有権の登記名義人の氏名または名称、住所の変更の登記の義務付け

所有権を持つ名義人の氏名や名称、住所に変更があった場合には、変更があった日から2年以内に申請を行わなければならなくなります。

土地の所有者が転居を繰り返すなどして、所在不明となることを防ぐ目的があります。

こちらは5年以内に施行される予定です。

まとめ

  • 相続登記の申請義務化などが今後3年以内に施行される
  • 日本には720万ヘクタール以上の所有者不明の土地がある
  • 施行後、義務を怠った場合には過料が発生する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

簿外債務の概要とM&Aにおける注意点

簿外債務とは 簿外債務とは、帳簿に載っていない債務のことで、貸借対照表に計上されていない債務のことを指します。 貸借対照表に計上されていませんが、不正会計ではありません。会計の簡略化が認められている中小企業などでは、簿外 […]

申告調整の概要と決算調整との違いについて

申告調整とは 申告調整は、企業会計上の利益と法人税の課税所得額が必ずしも一致しないために行う調整のことです。 企業の利益は、収益から費用を差し引くことで計算されます。一方、課税所得額は、益金から損金を差し引くことで計算さ […]

貸倒損失の条件と注意点について

貸倒損失とは 貸倒損失とは、売掛金などの債権の回収ができなくなった場合に、回収できない分を損失することです。 貸倒損失3つのパターン 債権者が法人である場合、貸倒損失は損金に算入することができる場合があります。ただし、損 […]

すべてみる