お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

役員貸付金と役員借入金について

役員貸付金とは

役員貸付金とは、法人から役員に対して貸し付けているお金です。

一時的な役員報酬や領収書を切れない場合の資金使途などの際に、法人から役員に貸し付けられるケースがあります。

役員借入金とは

役員借入金とは、役員から法人に対して貸し付けているお金です。

会社資本が不足している場合の立て替えや開業費として個人から法人に貸し付けられるケースがあります。

役員貸付金のメリット・デメリット

メリット

役員貸付金のメリットは、一時的な役員報酬の代わりとして活用できる点です。

会社の資金が減少しますが、費用とすることはできないため、メリットは多くはありません。

デメリット

メリットは多くありませんが、デメリットはいくつか存在します。

まずは利息が発生することです。

役員借入金の場合、利息の発生は任意ですが、役員貸付金に対しては法律に準拠した利息を計上する必要があります。

計上した受取利息は課税対象となり、税金が発生します。場合によっては、法人税額が増額するケースがあります。

また、役員貸付金があると銀行などの金融機関からの印象を下げてしまいます。

役員貸付金がある場合には、金融機関が融資した資金も個人に流れてしまい、別の会社に迂回融資されてしまうのではないかと、大きな疑念を抱かれてしまいます。

金融機関からの借入を希望する場合には、役員貸付金の取り扱いには十分に注意しましょう。

役員借入金のメリット・デメリット

メリット

役員借入金のメリットは、利息と返済時期を自由に設定できる点です。

お金を借り入れる役員から同意が得られれば、利息を設定する必要はありません。

また、金融機関等の融資とは違い、返済期間を自由に設定できます。いずれ返済しなければなりませんが、タイミングを自由に決めることができるため、資金繰りに余裕を持って、計画的に返済時期を決めることができます。

デメリット

利息と返済時期を自由に決められるとはいえ、役員借入金がかさんでしまうと債務超過になってしまいます。

金融機関からの融資を希望する場合には、債務超過とならないように注意が必要です。

また、お金を借り入れている役員がなくなった場合、役員借入金は役員個人の財産となるため、相続財産の対象となります。借入金が高額の場合、相続税も高額になってしまうことがありますので気をつけましょう。

まとめ

  • 役員貸付金とは、法人が役員に対して貸し付けているお金
  • 役員借入金とは、法人が役員から借り入れているお金
  • メリット・デメリットを理解して活用する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

確定申告の期限後申告について

確定申告を忘れたらどうすべきか 所得税の確定申告は、例年3月15日が申告の期限とされています。 個人事業主の方などは、この日までに前年1年間の所得税について税務署に確定申告を行う必要があります。 では、もしこの期限までに […]

遺産相続における限定承認のメリット・デメリットについて

限定承認とは 限定承認とは、遺産相続の際に、相続するプラスの財産の範囲でマイナスの財産(負債)を引き継ぐという相続方式です。 プラスとマイナスの財産がはっきりしており、明らかにマイナスが多い場合などには相続放棄を選択する […]

相続放棄の基本と選択すべきケースについて

相続放棄とは 相続放棄とは、被相続人の財産を相続する権利を放棄することです。 財産には、不動産や貯金などのプラスの財産だけでなく借金などのマイナスの財産も含まれます。 マイナスの財産を相続したくない場合などに、相続放棄が […]

すべてみる