お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

補助金・助成金の計上日と例外的な取り扱いについて

昨年度は、新型コロナウイルスの影響での補助金や助成金が用意され、例年以上に補助金・助成金を活用された法人や個人事業主の方も多かったのではないでしょうか。

長引くコロナの影響で、今後も多くの企業が補助金や協力金などを活用しての経営を行っていくことになることが予想されます。

補助金・助成金は受け取るまでの申請手続きをきちんと行う必要がりますが、受け取った後の会計上の処理もきちんと行わなければなりません。

そこで、今回は補助金・助成金を受け取った際の計上日に着目して解説していきます。

補助金・助成金の計上時期

まず結論から述べますと、補助金・助成金の計上時期は、支給決定のあった事業年度に計上するのが原則となっています。

補助金・助成金の申請から交付までの一般的な流れは、「申請」→「交付決定通知」→「確定通知」→「交付」というものです。これより複雑な流れの場合もありますが、一般的にはこの流れで考えていただければ問題はないと思います。

支給決定のあった事業年度に計上するのが原則のため、前事業年度に支給決定がなされ、翌事業年度に入金があった場合は、前事業年度が計上日となるので特に注意が必要です。

また、新型コロナウイルスの影響で実施された持続化給付金では、支給決定通知に支給決定の日の記載がありませんでした。通知書が届く前に入金されている場合が多く、支給決定の日を確認することができません。

そこで、実際の支給日には支給決定がなされていると考えて、支給日または支給決定通知が届いた日の早い日で判断することになります。

このような特殊なケースもありますので、不安な場合には税理士などに相談するようにしましょう。

計上時期の例外的な取り扱い

助成金等で経費を補填するタイプであらかじめ交付を受けるために必要な手続きを行っている場合は、その経費が発生した事業年度中に助成金等の交付決定がなされていないとしても、経費が発生した日の属する事業年度に計上を行うことになっています。

休業手当や賃金等の経費を補填する場合などがこのケースに該当します。このケースでは、法人税の申告時点までに支給金額が確定していなくても金額を見積もらなければなりません。

申請時点の受給申請額をきちんと把握しておくようにしましょう。

まとめ

  • 補助金・助成金は支給決定のあった事業年度に計上する
  • 支給決定日の記載がない場合は注意が必要
  • 計上時期の例外的な取り扱いも存在する
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

確定申告の期限後申告について

確定申告を忘れたらどうすべきか 所得税の確定申告は、例年3月15日が申告の期限とされています。 個人事業主の方などは、この日までに前年1年間の所得税について税務署に確定申告を行う必要があります。 では、もしこの期限までに […]

遺産相続における限定承認のメリット・デメリットについて

限定承認とは 限定承認とは、遺産相続の際に、相続するプラスの財産の範囲でマイナスの財産(負債)を引き継ぐという相続方式です。 プラスとマイナスの財産がはっきりしており、明らかにマイナスが多い場合などには相続放棄を選択する […]

相続放棄の基本と選択すべきケースについて

相続放棄とは 相続放棄とは、被相続人の財産を相続する権利を放棄することです。 財産には、不動産や貯金などのプラスの財産だけでなく借金などのマイナスの財産も含まれます。 マイナスの財産を相続したくない場合などに、相続放棄が […]

すべてみる