お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

確定申告の還付金って何?いつ受け取ることができるの?

そもそも還付金とは

還付金は事業が赤字であった場合などで、すでに納付している所得税額よりも納付すべき所得税額が少なかった場合に、返還される差額分のお金のことをいいます。

確定申告の際に申告することで還付金を受け取ることができます。

受け取りまでの流れ

還付金が受け取れる日時は決まっていませんが、多くの場合確定申告をしてから1〜2ヶ月後に受け取りとなっています。

還付金は申告書の「還付される税金の受取場所」の欄に記載した口座へと振り込まれます。なおこの口座は本人名義のものである必要がある点に注意しましょう。

還付金が振り込まれるまでの期間は確定申告書の提出方法によって異なってきます。いくつかのケースを見ていきましょう。

税務署へと持参したケース

税務署へと持参したケースでは、提出から1〜2ヶ月後に還付されます。

申告書の内容について税務署で確認が行われ、書類の内容に不備や記載間違いがなければ還付が確定します。確定後に金額と振込日が記載されたはがきが届きます。

郵送で提出したケース

申告書を税務署へと郵送で提出したケースでも上記の持参したケースと同じく、1〜2ヶ月後に振込みが行われます。

e-Taxで電子申告したケース

e-Taxで電子申告をしたケースでは上記の2つのケースとは異なり、約3週間程度で還付金が振り込まれることが多いです。

また、申告終了後にはe-Taxにログインすることで還付金の処理状況や振込予定日を確認することができます。

多くの場合で1〜2ヶ月ほどで還付金を受け取れることがわかったかと思います。ただし、確定申告をする時期によって受け取りまでにかかる時間が変わってきます。大抵の場合、早い時期に申請すると1ヶ月程度で、遅い時期の申請だと2ヶ月ほど受け取りまで時間がかかります。

還付される期間は最長5年

確定申告を行っている方は大丈夫ですが、サラリーマンの方などで確定申告をする必要がない方の中には知らないうちに税金を多く納めている場合があります。そういった方は還付申告を行うことで還付金を受け取ることができます。

また、還付申告は申告年の翌年1月1日から5年間申告することができることになっています。後から多く払っていることに気がついた場合も5年以内であれば申告して多く支払っている税金を取り戻すことができます。

思いあたりのある方は今一度確認してみることをおすすめします。

まとめ

  • 納付すべき税金よりも多く納めている場合は還付金を受け取れる
  • 還付金は確定申告書の提出からおよそ1〜2ヶ月で受け取れる
  • 5年以内であれば過去の還付金も申告して受け取りが可能
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

勤労学生控除の基本と注意点について

勤労学生控除とは 勤労学生控除とは、働く学生のために用意されている所得控除で、アルバイトの収入が130万円以下であれば所得税を納めなくて良くなる制度です。 一定の条件を満たすことで、27万円分の控除を受けることができます […]

社会保険料控除の基本について

社会保険料控除とは 社会保険料控除とは、自分自身または配偶者やその他の親族が負担すべき国民年金、国民健康保険料などの社会保険料を納めた際に、所得から控除できる制度です。 社会保険料控除の概要 社会保険料控除は、年間に支払 […]

すべてみる