お電話でのご相談・お問い合わせ

受付時間 9:00〜17:00(日曜・祝日除く)

メールでのご依頼・お問い合わせ

お問い合わせ・無料相談

持続化給付金の対象となる事業者や申請方法について

持続化給付金とは

持続化給付金とは、新型コロナウイルスの影響で売上が落ち込むなどした事業者に対して、事業の継続や再起の糧とするために支給される返済不要の給付金です。

法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円の給付が受けられます。

給付の対象となる要件

給付の対象となるには以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響で、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者
  2. 2019年以前から事業による事業収入を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者
  3. 資本金額または出資総額が10億円未満の法人(あるいは常時使用する従業員の数が2000人以下)

上記の条件を満たしている場合、持続化給付金の申請が可能です。

なお、2019年に操業された方や売上が一定期間に偏在している方などには、特例が存在します。

給付額の計算方法

持続化給付金の計算方法は、次のように行います。

2019年の総売上(事業収入)ー(選択した前年同月比50%減の月の売上高×12)
※10万円未満の端数は切り捨て

上記の式で計算した金額のうち、法人の場合は200万円、個人事業主の場合は100万円を上限として受け取ることができます。また、申請対象とすることのできる月は、2020年1月〜2020年12月までのいずれかのうち、売上が前年同月比50%減の月です。

具体例を見ていきましょう。

2019年度の総売上が3,000万円の事業者があったとします。その事業者の2020年4月の売上が80万円で、2019年4月の200万円と比べて50%以上減少してしまいました。

この場合、

3,000万円 ー (80万円×12)=2,040万円

となります。

この金額は、法人の200万円も個人事業主の100万円も上回っているため、どちらも満額を受け取れます。

計算を行った金額が、法人および個人の最大支給額を下回った場合は、その金額が給付されます。

申請に必要な書類

持続化給付金を申請する場合、以下の書類が必要です。

  1. 2019年(法人は前事業年度)確定申告書類の控え
  2. 売上減少となった月の売上台帳の写し
  3. 通帳写し
  4. (個人事業者の場合)身分証明書写し

上記の資料を揃えた上で、持続化給付金の申請HPから申請を行いましょう。

申請を行うと、持続化給付金事務局で申請内容を確認し、通常2週間程度で指定の口座に振り込まれるようです。

申請期間は、2020年5月1日〜2021年1月15日までとなっています。

まとめ

  • 新型コロナウイルスで売上が減少した事業者は、条件を満たすと持続化給付金を受け取れる
  • 法人は200万円、個人事業主は100万円を上限として受け取ることができる
  • 持続化給付金の申請HPから申請を行う
お問い合わせ・無料相談

お見積りのご依頼やそのほかのお仕事のご相談などはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜17:00(平日)
※ 電話番号はおかけ間違いのないようご注意ください。

コラムときどき雑記Column and Blog

役員報酬の基本ルールと注意点について

役員報酬とは 役員報酬とは、文字通り、会社の役員に支払われる報酬のことです。従業員に支払う給与とは別に、役員に支払う役員報酬を設定しなければなりません。 役員報酬のルール 役員報酬を決める際には、いくつかのルールがありま […]

メリットたくさん!出張旅費規定の導入方法について

旅費出張規定とは 出張旅費規定とは、会社において、出張費用の取り扱いを定めた規定のことです。 出張旅費規定は、出張時の雑多な経費精算を簡易に行え、節税対策にもなる規定です。 出張旅費規定の概要については、以前に以下の記事 […]

新型コロナウイルスに関連する納税の猶予制度について

猶予制度とは 国税の猶予制度とは、一時に納税することで事業の継続や生活が困難になる場合や、災害などで財産を喪失した場合などに、税務署に申請することで最大1年間、納税が猶予される制度です。 この度の、新型コロナウイルスの影 […]

すべてみる